frozen forest

waiting for the night to come
listen for a thrush to sing
and anyone to imitate it

looking for the star to point
lighting up a cigarette
and inhale it with surreal air

the moon is high
it's time to go
evening tide and marigold
formula to start a quarrel
trajectories of dragonflies

So tell me where they’ve gone
and what it’s for
and what it’s for
is there another way to say a long goodbye
a long goodbye?


is there anyone who give me fire
the wind is strong and cold as ice
i can’t decide or help them out
and i get tongue-tied
i get tongue-tied

So tell me where they’ve gone
and what it’s for
and what it’s for
is there another way to say a long goodbye
a long goodbye?

with sweetest lies a nighthawk’s
taking off to reach the star
the story is going to fade into the past
into the past




















夜がくるのを待っている
ツグミの歌と、それを誰かが真似するのに耳を傾けながら
指さす星を探している
煙草に火をつけてシュールリアルな空気と一緒に吸い込む

月は高く旅立ちのとき
夕潮とマリーゴールド
喧嘩を始める常套句
トンボたちの軌道

彼らがどこに、何のために行ってしまったのか教えて
長いさよならを言うための別の方法を探しているの

誰か火を貸してくれないかしら
風が強くて氷のように冷たい
決心もできないければ彼らを救うこともできない
そして私はうまくしゃべれなくなる

彼らがどこに、何のために行ってしまったのか教えて
長いさよならを言うための別の方法を探しているの

一羽の夜鷹は優しい嘘とともに飛び立って星を目指す
物語は過去の中へと消えて行くだろう
過去の中へと

waxing moon

put your shoes on a boat floats on the river
flows long way down to the sea
you may ask me in the ocean forever
or you can cast an anchor above

silent night is coming
creeping back again on the water
spinning wheels, carousels
are you aware of them in the dark?


put your shoes on a boat floats on the river
flows long way down to the sea
you may suffering from migraine triggers
but only you can do is to choose


i'm not afraid of the end of the day
because these sparkles from plastic bullets


will turn into moonlight
and wipe all my sorrow away
and burn out at midnight
with no use of being wise

cause they turn into moonlight
and wipe all your sorrow away
turn into moonlight
and ease your sorrow
















川に浮かぶ舟に靴を乗せてごらん
海へと長く続く川に
海に出たらいつまでも願いを叶えてあげる
あるいはそこで錨を下ろしたっていい

静かな夜がやってくる
また水面を這って戻ってくる
糸車、回転木馬
あなたは暗闇のなかで気づいている?

川に浮かぶ舟に靴を乗せてごらん
海へと長く続く川に
頭痛の誘因に悩まされているかもしれないけれど
あなたにできるのはただ選ぶことだけ

わたしは一日の終わりが恐くない
それはプラスティックの弾からのきらめきが
月の光へと変わってわたしの悲しみを消し去るのだから
真夜中に燃え尽きる 賢くあることも意味をなさずに
月の光へと変わってあなたの悲しみを消し去るのだから
月の光に変わってあなたの悲しみを和らげるでしょう

it was you

never found if this is love
until you walked through this room
i had fallen out of the blue

every time you looked deep
into my wide open eyes
i pretended i was innocent

the moment of hope
i was finding out it was you
inside and outside
my whole mind was filled with you

now I’m in a prison
forgetting and missing you
you'll realize all
the consequence of hurting me


feel my heart
take mine to your place and
keep me dreaming and breathing
until i find it all over

i adored you
no matter how you treat me
but please bury and forget me
unless i see your face tonight


the moment of hope
I was finding out it was you
under the sun
no one told me that it is true

day and night
every blossom had seized on me
you'll realize all
the consequence of hurting me
and see how i longed for you






















恋だなんて考えもしなかった
あなたがこの部屋を通るまで
思いがけなく落ちてしまった

あなたが私の見開いた目を覗き込む度
無邪気なふりをした

それはあなたなのだとわかりかけていた希望の瞬間
心の内側も外側もあなたでいっぱいになった
今は忘れながらも恋しく思い続ける囚われの身
あなたは私を傷つけた結果に気付くでしょう

私の心を感じて
あなたのところへ連れて行って
まだ夢を見させていて、息をさせていて
すべてが終わったと分かるまでは
どんなふうに扱われてもあなたのことが大好きだけれど
今夜あなたの顔を見れないのなら
わたしのことを葬り忘れ去ってほしい

あなたなのだと分かりかけていた希望の一瞬
世界中で誰も本当だと教えてくれなかった
昼も夜もあらゆる花がわたしを捕えて離さなかった
私を傷つけた結果にあなたは気付くことでしょう
どれだけ想っていたかわかることでしょう

あたらしい ひと
 (a letter from nowhere)

i've been always thinking of the days of my dreams
with you and the pride of my life
since you've gone away
i'm as dry as the fallen leaves on a busy street

like a thumb, like a mountain lodge
i'm on my own


kept falling, falling to the edge of a trench
then setting something like roots
thought of dancing shoes , i used be in and out
on a empty street

i would pray for the sun
shine a light on
every letter on your writing pad
bringing my heart a warmest word
that untangles everything
and i’d swing in the dark


still counting chain stitches biding my time
keep throbbing and holding my breath
only while you're here
i'm as free as the summer birds on my roof

sing out loud how i’m happy
little dizzy then put my both hands
on my heart swinging from joy to sorrow
shadows run fast
that i can’t catch anymore
and nothing’s going to change


i will leave the latch on if someone knocks on
my door, for the rest of my life
clouds won't fade away
until i melt into a fantasy in your shelf

you would say that i’m childish
but i believe i do believe
one day we meet again and come back home
my soul would search
my soul would search for yours drifts around
love will finds us at last












(孤独)
あの夢のような日々のことをいつも考えている
あなたと、私の人生の誇りとともにあったあの日々のこと
あなたが行ってしまってから
私は忙しい通りの枯葉のように乾いて
親指みたいに山小屋みたいに
私はひとり

海溝の縁まで落ち続け、
それから根のようなものを張りめぐらし
寂れた通りで脱ぎ着していたダンスシューズのことを考えた
そして太陽に祈ったものだった
あなたの便箋のすべての文字が光に照らされますように
すべてをほどく温かい言葉が私の心に届きますように、と
そして、闇の中で揺れていた

(想う)
機が熟すのを待ちながら、まだ鎖編みを数えている
どきどきして固唾を飲みながら
あなたがいるときだけ
私は屋根にとまる夏の鳥のように自由なの

どんなに幸せかを、めまいがするほど大きな声で歌う
喜びから悲しみへと揺れる私の心に両手を当てる
影たちはもう追いつけないほど
すぐに走り去ってしまう
そして何も変わらないの

(探す)
誰かが戸を叩いても、掛け金をかけたままでいるつもり
この先もずっと
あなたの本棚のおとぎ話の中に溶け込むまで、
この雲は消えないでしょう

あなたは子どもじみてるっていうだろうけれど
私は信じている
いつかまた出会い、家に帰る日を
私の魂は辺りを漂うあなたの魂を探すでしょう
最後に愛は私たちを見つけてくれるのよ

※This lyric was inspired by "Le lys dans la vallée” (Honoré de Balzac).


   

All Music by Rayons
All Lyrics by Predawn
※転売・転用はお断りいたします。

20150628_153021.jpg